1. 風俗で働くよりも安全。チャットレディのお仕事とは?   >  
  2. チャットレディのデメリット

チャットレディのデメリット

チャットレディにもデメリットがある

直接会うことがなく、性病のリスクを避けれる!

そんな魅力的なチャットレディのお仕事ですがデメリットもあるので要チェック。
この記事では、風俗と比べたチャットレディのデメリットについて紹介していきます。

チャットレディのデメリット
・風俗に比べ報酬が低い
・すぐに稼げない
・ネットにアップされる危険性
・男性に暴言を吐かれる
・1人で働くのでさぼりがち

風俗に比べ報酬が低い
1番のデメリットは風俗に比べ報酬が低いことです。
例えば60分の接客でソープだと1万〜2万。
ヘルスで6000円〜9000円。
ピンサロで4000円〜6000円ほどの報酬です。

高単価なチャットレディサイトでTV通話をして7000円〜8000円ほどになりますが、リピーターさんじゃない限り、1時間ずっと同じ人と話すということはほぼないです・・・。
すぐに稼げない
風俗であれば新規のお客さん、フリーのお客さんなどをまわしてくれるのでそんなに頑張らなくても仕事が回ってきます。
しかし、チャットレディは稼げるようになるには、リピーターさんを作らなければなりません。

また報酬が一定額貯まらないと振込申請ができないので、お金を稼ぐのに時間がかかってしまいます。

ネットにアップされる危険性
チャットレディは画面越しのお仕事なので、相手が動画を保存している危険性があります。

スクリーンショットは避けられないので、見た目から身バレの対策をしましょう。

男性に暴言を吐かれる
チャットレディは画面越しにお話をするので、時には心ない暴言を吐かれることがあります。

困ったことがあったら、運営に相談をしましょう。

またブロック機能で拒否をすることもできますので、お客さんを選ぶことができます。

1人で働くのでさぼりがち
チャットレディは一緒に働く仲間がいません。

稼げるか稼げないかも自分の努力次第になってきます。

大抵の人が登録してみたのはいいものの、続かずに放置してしまいます。
イベントや楽しみながら働ける機能が充実しているチャットレディサイトを選ぶのが重要です。